脱毛で人生の輝きを取り戻そう

社会人からの歯科矯正

私が歯科矯正を始めたのは、大学を卒業後仕事に就いてからのことです。

それ以前からも広島での矯正歯科に興味はありました。

でも歯並びが異常に悪いということではないんです。

むしろ歯並びよりは、上前歯全体が少し出ている状態が気になっていたんです。

それに、芸能人のさんまさんみたいに物凄く出ているワケではありません。

だから鏡でよく見ると出ている…?という程度で、人から指摘されたこともありませんが、
大人になればなるほど自分のその欠点が気になって仕方なくなってきたんです。

最初は気になるな〜程度の感覚でしたが、
次第に人前で口元を隠すぐらいのコンプレックスに育ってしまったんです。

それでついにかかりつけの歯科医院で相談。

体調に問題が出るような歯並びではなくても、
このままずっと気になり続けるのなら歯科矯正した方が良いでしょう、
ということで、歯科矯正出来る歯医者を紹介してもらいました。

今はまだ2年経ったところですから前歯も数ミリほど動いた程度ですが、
私のコンプレックスは少しずつ解消されてきています。

歯の裏に付ける矯正装置

家の長男(小学校5年生)は歯並びがすごく悪いんです。八重歯があったり、
へっこんでたりボコボコなんです。
大きくなってからより、成長中の今のうちに矯正したほうが良いと聞いた事
があったので息子に矯正治療をさせようと決心しました。

息子にその話をした時の第一声は「カッコ悪いからヤダ」でした。
友達に矯正してる子でもいたんでしょうか?矯正がどういう物なのか知って
ましたし。

だからと言って、このままにしておくのもいけないと思って色々調べたんです。
すると、他人からは見えない歯の裏側に矯正装置を付ける方法があるのを
見つけました。
裏側矯正という矯正方法で見た瞬間にコレだ!と思いました。

息子にサイトにあった装着写真を見せたところ「これならいい」と言ったので
これから息子に裏側矯正をさせたいと思います。

脱毛で人生の輝きを取り戻そう

これから脱毛に行くぞ!」という朝。
そして、「今日は脱毛したなあ」という夜。

どちらも、普段と比べて、テンションが上がるのではないでしょうか。
脱毛のある生活は、それまでの暮らしと大きく変わってくると思います。

もともと毛のことで悩まなかった人なら、体験できないことです。
素晴らしいことだと思いませんでしょうか。

毛深いことがコンプレックスな方もいるかもしれません。
しかし、そのコンプレックスは、明日には楽しみの源になるかもしれないのですよ。
毛深くなかったら、脱毛をして綺麗になっていく肌を楽しむことなどできないのです。

こうした考えは「結果論」だとか、前向き過ぎるなどと言われてしまうかもしれません。
しかし、人生において何か楽しみがあるということは、とても素晴らしいことだと思うのです。

楽しみのない人生からは、輝きがなくなってしまいます。
そんな人生に、脱毛が輝きを与えてくれるならば、どんどん脱毛するべきだと思います。
貴方が輝けば、隣の人まで照らし出すようになるかもしれません。